本文へスキップ

スワップ債とは

スワップ債とは


スワップ債とは

  • スワップ債(swap bond)とは、スワップ取引を利用した債券のことです。一般的には、為替リスクを回避するために外貨建ての債券を発行する場合に、スワップ取引を利用して調達したい通貨建てでコストをヘッジした債券を指します。

    例えば、日本の企業が外貨建てで債券を発行すれば、将来の利払いや元本償還で円転する場合に為替リスクが発生します。そのため、発行時に通貨スワップを組んで、円ベースのコストを固定してしまって、さらにコストを下げることを狙います。コストを下げるには、金利が高い通貨建てで債券を発行して、金利が低い通貨でスワップすることになります。

    上記が一般的なスワップ債ですが、近年では金利の組み合わせ(固定金利と固定金利、固定金利と変動金利、変動金利と変動金利)や、通貨の組み合わせによって多様化しています。スワップ債は「ヘッジ・ボンド」とも呼ばれます。





関連記事









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース