本文へスキップ

CoCo債(偶発転換社債)

CoCo債(偶発転換社債)


CoCo債(偶発転換社債)とは

  • CoCo債(Contingent convertible bonds:偶発転換社債)とは、転換社債の一つで、偶発的なことが起こって、それが予め定められた条件に抵触した場合に株式に転換される社債のことです。



CoCo債(偶発転換社債)の特徴

CoCo債(偶発転換社債)は、主に金融機関自己資本増強のために発行する社債で、金融機関の財務が悪化して自己資本比率が基準値以下に低下した場合、元本が毀損したり、強制的に株式に転換される条件が付いています。そのためリスクが高く、高利回りであるのが特徴です。2008年のリーマンショック以降、金融機関の自己資本比率への規制が強化されたために、欧州の金融機関を中心に発行が増えた社債です。CoCo債(偶発転換社債)は、市場に10兆円程度出回っているとされています。偶発転換社債の元本の毀損は、銀行の財務の悪化して公的資金が注入されても毀損する可能性があるので注意が必要です。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース