本文へスキップ

プット・オプション(売る権利)とは

プット・オプション(売る権利)とは


プット・オプション(売る権利)とは

  • プット・オプション(put option)とは、対象の商品を一定期間内(権利行使期間)に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で売る権利のことです。オプション取引は、オプション(権利)を売ったり買ったりする取引で、そのうちの”売る権利”のことをプット・オプションといいます。”買う権利”ことはコール・オプションといいます。



プット・オプションの買いと売りの例

プット・オプションを買う場合の例を紹介します(株の場合)。
例えば、これから値下がりするだろうと思う「株価1000円」の株式があったとします。この株式を”売る権利”がプット・オプションです。このプット・オプションを買った人は、株価が値下がりして800円になったとしたら利益を得ることができます。というのも事前に株価1000円で”売る権利”を買っていたので、市場で800円の値が付いている株式を1000円で売ることができるからです。この場合、プット・オプションを買った人は”売る権利”を行使して利益を得ることができます(ただし、オプションを買う場合は、オプション料(プレミアム)を支払うことになります)。




一方で、株価が1000円以上に値下がりすれば、プット・オプションを買った人その権利を放棄することになります。オプション取引とは”権利”を売買する取引ですので、自分に都合が悪い(損失がでる)方向に相場が向かってしまったら、その権利を放棄することができるのです(ただし、プット・オプションを買った時はオプション料(プレミアム)を支払いますので、権利を放棄したとしてもその分は損失となります)。権利は義務ではないので放棄することができるのです。

要するに、プット・オプションを買った人は、値下がりすれば利益を伸ばせる一方で、値上がりしても権利を放棄できるので、損失はオプション料(プレミアム)に限定されるのです。


ただし、ここで注意が必要なことがあります
上記の例は、プット・オプションを買った人の例です。オプション取引とは”権利”を売買する取引ですので、プット・オプションを買った人がいる一方で、プット・オプションを売った人もいるのです。

上記の例の場合ですと、プット・オプションを売った人は、株価が1000円以上に値上がりすればプット・オプションを買った人が権利を放棄しますので、オプション料(プレミアム)を受け取ることができ、それが利益となります。一方で、株価が1000円以下に値下がりすれば、オプション料(プレミアム)はもらえるのですが、プット・オプションを売った人というのは、そのプット・オプションを”売る義務”があるので、値下がりすればするほど損失が膨らみます。

要するにプット・オプションを売った人は、利益は株価が値上がりした場合のオプション料(プレミアム)に限定されるのに対し、株価が値下がりした場合の損失が大きく膨らむ可能性があるということができるので注意が必要です。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース