本文へスキップ

金利先物取引とは

金利先物取引とは


金利先物取引とは

  • 金利先物取引(interest rate futures)とは、先物取引のうち、債券や預金、手形など金利商品を将来の一時点(決済日)で一定価格で売買を約束する取引のことです。



金利先物取引のルール

金利先物取引では、「金利」を売買するために、金利先物の価格を「100マイナス金利」に決められています。もし、先物価格が97.50の場合、「100.00-2.50」ということになり、金利は2.50%であることを示すことになっています。この式からわかるように、金利が上昇すれば先物価格は低下し、金利が低下すれば先物価格が上昇します。




金利先物取引の使い方

金利先物取引は、将来の金利の低下や上昇に対応するために有効な取引です。例えば、A会社が将来、借入にかかる金利が上昇してしまうリスクを不安に思っているとすれば、金利先物を売っておけば(売建てておけば)そのリスクを回避することができます。金利が上昇した時に先物価格は低下しますので、その時に売っておいた金利先物を買い戻せば、金利先物取引で利益を得ることができます。これで借入にかかる金利が上昇しても、その分を金利先物取引の利益で相殺できることになりますので、リスクを回避できるのです。

  • 東京金融先物取引所の金利先物の対象となる円預金の期間は3カ月
  • 決済期日(限月)は3,6,9,12月
  • 取引単位は1億円
  • 価格の最小変動単位 0.01





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース