本文へスキップ

通貨オプション取引とは

通貨オプション取引とは


通貨オプション取引とは




通貨オプション取引の例

これからドル/円の相場が円高ドル安に向かうだろうと予想したとします。しかし円安ドル高になる懸念も捨てきれません。こういった場合nに通貨オプション取引を使えば、為替の相場が円安ドル高に振れた場合の損失を限定的にすることができます。この場合では、これから円高ドル安に向かうと予想していますので、オプション料を支払って、ドルのプット・オプションを”買う”ようにすれば、その効果が得られます。
「ドルのプット・オプションを買う」ということは、ドルが下がれば利益が出るという仕組みなので、事前の予想通り為替の相場が円高ドル安に進めば、プット・オプション(売る権利)の権利を行使して利益を得ることができます。逆に、事前の予想に反して為替の相場が円安ドル高に進んでしまったらどうなるでしょうか?この場合は、権利を放棄すればよいのです。オプション取引というのは、そもそも権利を売買する取引です。権利は義務ではないので、自分の都合の悪い方向に 相場が進めば、その権利を放棄することができるのです(ただし、その権利を”買った”場合だけです。)。ゆえに、為替相場が円安ドル高に進んだ時の損失は、 プット・オプションを”買った”時に支払ったプレミアム(オプション料)だけということになります。

権利を放棄できるのはオプションを”買った”場合のみです。詳しくは、「コール・オプション(買う権利)とは 」「プット・オプション(売る権利)とは」の「買いと売りの例」を参照してください。。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース