本文へスキップ

オプションとは

オプションとは


オプションとは

  • オプション(option)とは、対象の商品を一定期間内(権利行使期間)に、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で売買する”権利”のことです。この権利を売買することを「オプション取引」といいます。
  • オプション取引では、買い手はオプション料(プレミアム)を支払ってその権利を手に入れ、売り手はオプション料(プレミアム)をもらって買い手がその権利を行使できる義務を負うこととなります。


オプションの意味する”権利”には「コール・オプション(買う権利)」と、「プット・オプション(売る権利)」があります。オプション取引で重要なのは、「買う権利or売る権利」を売買する取引であるということです。「権利」ですので「義務」が生じないということがポイントとなります。義務が生じないので、その権利を実行するか放棄するかは任意となります。




オプション取引

例えば、これから値上がりしそうな株があるとします。その株が値上がりすれば利益が出るのですが、値下がりしてしまったら損失を被ることとなります。この場合、その株を実際に買い切ってしまうのではなく、”買う権利”だけ持っていたとすれば、その株が値上がりすれば買う権利を行使して利益を出すことができ、逆に値下がりしてしまったらその権利を放棄すれば損失を被らなくてすみます。そういった都合のいい取引ができるのがオプション取引です。
オプション取引では、逆にこれから値下がりするぞ、と思えば、”売る権利”を買って、値下がりすればその権利を行使して利益を出すことができ、値上がりして損失を被ってしまいそうなら、その権利を放棄することができます。

ただし、そんな都合のいい取引はタダではできません。例えば、買う権利を得ようと思えば、その権利を提供してくれる人が必要となります。提供する側にとって は都合のいい権利を売る、つまり、提供する側にとって損失が出る方向に相場が動いたとしても、その時に買う権利を得た人が権利を行使できる、という義務を負うこととなりますので、”オプション料”を支払う必要があります。オプション取引は、ある意味都合のいい取引ができるのですが、一方で売買の方法を間違えてしまうと大きな損失を出してしまう取引となる場合がありますので、取引の内容やオプションの性質を十分理解しておく必要があります。当サイトでは、順次その解説をしていきます。






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース