本文へスキップ

債券先物オプション取引とは

債券先物オプション取引とは


債券先物オプション取引とは

  • 債券先物オプション取引とは、権利行使期間において、特定の限月債券先物取引を、あらかじめ定められた権利行使価格で買ったり売ったりする権利(オプション)を取引することです。すなわち、債券先物取引を買い付けたり売りつけたりする権利を取引することです。債券先物オプション取引は、先物取引のように、証拠金で決済が行われます。



債券先物オプション取引の例

今後、債券先物の値が上がりそうと予想すれば、そのコール・オプションを”買って”おき、値上がりすれば権利を行使して利益を得ます。逆に、値下がりした場合は、”オプションの買い”は権利を放棄することができますので、損失をオプション料に限定することができます。逆に、”オプションの売り”は、相場変動によって無制限の損失リスクがあるので注意が必要です。

国債の先物オプションの取引では、申告した分のオプションの建玉が決済されて減り、その分の買い付け、もしくは売りつけが成立します。債券先物オプションは、このように権利行使のほか、売買残高を反対売買して決済することもできます。






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース