本文へスキップ

カラーとは

カラーとは


カラーとは

  • カラー(callar)とは、金利の変動のリスクを一定の範囲内に収めるために、キャップ(上限金利)とフロア(下限金利)を組み合わせる取引のことです。


例えば、金利上昇に備えてキャップを、金利低下に備えてフロアを設定しておけば、金利がいくら上昇・低下してもリスクは一定の範囲で収まります。さらに、カラーは手数料もメリットとなります。というのも、借入を行っていれば金利が低下するのはメリットとなりますが、カラーでは金利低下に下限をもうけますので、その分の対価として手数料収入が得られます。要するに、フロアを売ることによる手数料が得られるのです( フロアは、短期金利が低下して一定水準を下回ってくると、下回った分の金利を差金決済でもらえる権利)。逆に、金利が上昇するのに備えてキャップをかけますので、キャップを買う必要がありそれには手数料が必要です。そのキャップ料はフロアを売った分をあてることになります。ゆえに、キャップを単体でかけるよりも手数料が減らせるのです。





関連記事






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース