本文へスキップ

TTS(電信売相場)とは

TTS(電信売相場)とは


TTS(電信売相場)とは

  • TTS(Telegraphic Transfer Selling Rate:電信売相場(でんしんうりそうば))とは、仲値金融機関(為替取扱銀行)のマージン(手数料+リスク料)を加えて算定される、顧客が円貨から外貨に換える際に適用されるレートのことです。また、電信による仕向送金、輸入の本邦ローンやインパクトローンの期日決済、外貨預金の預入などに適用されるレートでもあります。

    ※手数料は、対象とする通貨や各金融機関によって異なります。
    ※リスク料とは、相場変動の危険を避けるための危険費用のことです。



TTS(電信売相場)の特徴

TTS(電信売相場)は、銀行にとって、資金の立て替えが発生しないため、金利要因を含まない純粋な為替相場となります。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース