本文へスキップ

為替心理説とは

為替心理説とは


為替心理説とは

  • 為替心理説(Psychological Theory of Exchange)とは、フランスの経済学者であるA・アフタリオンが1927年に提唱した説で、市場参加者が、将来その国の通貨の価値が上がると見込めばその通貨が値上がりし、価値が下がると見込めば値下がるという、市場参加者の心理(期待や不安)によって為替レートは変動するという説です。




為替心理説の解説

為替心理説は、購買力平価説国際収支説では説明できない為替レートの変動は、市場参加者の心理によるものだという説です。例えば、政情不安や有事が起こった際、円やスイスフラン、米ドルなどが買われやすくなる傾向がありますが、これは本質的に市場参加者の心理(不安)が為替レートの変動要因になっているとされています。為替心理説は、為替レートの決定要因の一つです。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース