本文へスキップ

円建てとは

円建てとは


円建てとは

  • 円建て(えんだて)とは、資産価値を”円”で表示し、決済(金銭等によって支払いを行って取引を終了させること)も”円”で行うことです。 「円貨建て」とも呼ばれます。



円建ての例

例えば、投資信託の場合、外国の株式債券などの金融商品に投資している投資信託で、基準価額(投資信託の価格)が日本円で表示されている投資信託があります。これが「円建て」です。基準価額を円で表示することによって、資産価値を円で把握しやすくしています。要するに円建てとは、資産価値(この場合は基準価額)を円で表示するということです(決済も円で行われる)。実際に外国に投資している資産の価値を、日々の為替レートで円換算して表示しているのです。よって、この場合の円建ては為替リスクを受ける」ことになります(為替リスクとは、この場合、投資信託で利益が出ていても、為替相場の変動によっては損失が出るかもしれないリスクのことです)。

ただし、気を付けておかなければならないのは、上記の例は「外国の金融商品に投資している円建て投資信託」という点です。日本国内の金融商品に投資している投資信託の場合は「円建て投資信託」と言っても、投資対象が日本国内ですので「為替変動のリスクは受けない」です。





参考記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース