本文へスキップ

為替予約コスト上昇と円安の影響

為替予約コスト上昇と円安の影響


為替予約コスト

為替予約コストは、通貨間の金利差で決まります。為替予約で問題となるのは、どれぐらいの為替レートで予約できるかということです。すなわち、「予約レート」はいくらかということです。為替予約取引の予約レートは、現時点でのスポットレート(直物為替レート)、円の金利、当該国通貨の金利、将来の一定期日までの期間、で決まります。

例えば、現時点での為替レートが1ドル=100円、円の金利が1%で、ドルの金利が3%であるとして、期間=1年物のドル売りの為替予約をしたとします。

この為替予約は、円より金利が高いドルを1年後に売るという予約です。今ドルを持っておけば、1年後には3%の金利がつくので、ドルの方が得だ!1年後には103ドルになるからね、ということです。1年後、為替レートが1ドル=100円のままだったとしたら、ドルの金利3%分から円の金利1%を差し引いた、日米の金利差2%分の儲けが出ることになります。これは、例えば1万円を円預金すれば1年後には1万100円となり、ドル預金したとすれば1年後には103ドル(1万300円)になるので、円預金して1万100円になるよりもドル預金で103ドルになった方が200円分が得!というものです。

ただ、これが出来るのであれば、誰でもこの為替予約をして儲けようとします。ですので、この場合の「予約レート」は、1万100円÷103ドル=約98円で落ち着くことになります。すなわち、現時点で為替予約をしようとすれば予約レート98円でないと予約できないのです。要するに、予約レートは日米の金利差分だけ円高な為替レートとなり、為替予約にかかるコストは日米の金利差分だけかかるということになります。すなわち、将来の為替リスクを回避するためには、日米の金利差分だけコストがかかる、ということになります。






為替予約コスト上昇と円安の影響

例えば、ドル円の為替レートが円安にふれれば輸出企業にとってはメリットとなりますが、一方で、日米の金利差が拡大すれば為替予約コストが上昇してしまい、輸出企業は円安のメリットを満足に得られないことがあります。日本の輸出企業は、海外で得たドルを円に替える際に、為替レートの急変動によって収益が大きく変動しないように、あらかじめ3カ月程度先の分までの円買い・ドル売りを予約していることが多いです。そのため、日米の金利差が拡大すれば為替予約コスト上昇によって、円安のメリット分が相殺されてしまうことがあります。





関連記事






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース