本文へスキップ

景気後退確率とは(見方と水準|NY連銀・ニューヨーク連銀)

景気後退確率とは






景気後退確率とは




景気後退確率の算出

景気後退確率は、米国10年国債利回り(米10年債利回り)と米国3カ月国債利回り(米3カ月債利回り)の差(長短金利差)を基に算出されています。つまり、長短金利差で景気後退の確率を予測するモデル(イールドカーブモデル)となっています。このモデルは、イールドカーブの勾配(期間スプレッド)を利用して1年先(12カ月先)の米国の景気後退の確率を計算しています。「期間スプレッド」の「スプレッド」とは、米国の10年国債利回りと3カ月国債利回りと定義されています。1959年1月から2009年12月までのデータを使用して推定されたパラメーターで予測する景気後退確率で、パラメーターの推定値はα=-0.5333、β=-0.6330となっています。






景気後退確率の見方と水準

景気後退確率は、長短金利差が縮小すれば上昇、拡大すれば低下する傾向があります。つまり、イールドカーブのフラット化逆イールドが発生すれば景気後退(リセッション)する確率が高まるという考え方を基にした指標になっています。

景気後退確率は、10%程度が平均的な水準で、20%を超えてくれば警戒、30%以上になれば景気後退(リセッション)入りする確率が非常に高くなると見るのが一般的です。過去、景気後退確率が30%を超えてから景気後退(リセッション)入りした確率は80%を超えていますので、30%以上は危険水準と見ることができます。




景気後退確率の注意点

景気後退確率は、あくまで米国の10年国債利回りと3カ月国債利回りの差(長短金利差)を基に算出している指標であり、長短金利差だけで必ずしも景気 を予測することはできない点には注意が必要です。




景気後退確率の推移

景気後退確率の推移は、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認することができます。










その他「経済指標」に関する記事は以下。




経済指標





GDP





収支





金利







雇用





賃金・所得





物価





景況感





その他





日本





米国





英国





世界





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース