本文へスキップ

労働市場情勢指数(LMCI)

労働市場情勢指数(LMCI)


労働市場情勢指数(LMCI)とは

  • 労働市場情勢指数(LMCI:Labor Market Condition Index)とは、2014年10月から毎月米雇用統計の翌営業日にFRB(連邦準備制度理事会)から公表されることになった米国の労働市場の健全性を指数化したものです(2014年10月以前は不定期に公表されていました)。



労働市場情勢指数(LMCI)は、失業率をはじめ、労働参加率や平均時給、求人倍率や離職率など、19の雇用関連の指標をもとに算出される指数です。米国の労働市場の情勢を表すことを目的にFRBによって新しく開発されました。

これまで米国の労働市場の情勢は、米雇用統計や失業率によって示されていましたが、それだけでは不十分との指摘を受けてFRBが調査分析した結果として公表されるようになりました。労働市場情勢指数(LMCI)は、公表されて間もないので金融市場へのインパクトはまだ薄いですが、米国の労働市場の情勢は世界的に注目されていますので、今後注目が集まることが予想されます。

労働市場情勢指数(LMCI)は、事前の予想値と公表された数値を見るようにしましょう。予想値より公表された数値が高ければドル高要因となり、低ければドル安要因となります。





労働市場情勢指数(LMCI)の推移

労働市場情勢指数(LMCI)の推移は、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。



※FRBは現在、労働市場情勢指数(LMCI)の公表をやめています。






関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース