本文へスキップ

ジニ係数とは(見方と特徴)

ジニ係数とは(見方と特徴)


ジニ係数とは

  • ジニ係数(Gini coefficient)とは、所得格差を示す指標です。イタリアの統計学者であるコッラド・ジニが考案されたもので、社会における所得配分の不平等さを客観的に測る代表的な指標です。



ジニ係数の見方

ジニ係数は、0から1の数値で示されます。

ジニ係数が0
所得が完全に均等に配分されていることを示します。
ジニ係数が1に近づく
所得の不平等さが大きいことを示します。
ジニ係数が0.4以上
格差への不満が高まり、社会騒乱が起きやすくなるとされています。



日本

日本では、厚生労働省が実施している所得再分配調査がジニ係数を使って計測しています。また、家計調査や全国消費実態調査もジニ係数によって計算されています。




関連記事








その他「経済指標」に関する記事は以下。




経済指標





GDP





収支





金利







雇用





賃金・所得





物価





景況感





その他





日本





米国





英国





世界





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース