本文へスキップ

アジア通貨危機とは

アジア通貨危機とは




アジア通貨危機とは

  • アジア通貨危機(あじあつうかきき:the Asian Financial Crisis)とは、1997年から1998年にかけて起こったアジア各国の通貨の急激な下落とそれに伴う経済危機のことです。



アジア通貨危機の影響

アジア通貨危機は、1997年7月からタイを中心にはじまりました。アジア各国の通貨下落によって、東アジア、東南アジア各国の経済は大きな打撃を受け、特にタイ、インドネシア、韓国の経済への打撃は大きなものとなりました。マレーシア、フィリピン、香港、中国、台湾も一定程度の影響を受けました。日本は緊縮財政とタイミングが重なり、金融危機の引き金となりました。このアジア通貨危機の影響はアジアから波及し、ロシア財政危機、ブラジル危機を引き起こす原因となりました。




背景

それまでアジア各国は外国資本を呼び込んで輸出主導の経済成長を目指してドルペッグ制を採用していました。ただ、1990年代に中国が急成長したことによって競争力が低下、ドル高が進んだため外国為替相場ファンダメンタルズと乖離していました。そこで、その乖離を利用して利益を出そうとするヘッジファンドが通貨売りをし始めました。これをキッカケに各国の通貨は急落しました。これにより、通貨を買い支えるための外貨準備がない国の多くがドルペッグ制をやめ、変動相場制へと移行していきました。この影響で、特に韓国の経済危機が深刻となり、IMF(国際通貨基金)からの支援を受けることになりました。






関連記事












※その他「為替」に関する記事は以下。




為替の基礎知識



通貨




為替レートの決定要因





注文





持高操作





円建て・外貨建て





取引





決済





銀行間





通貨危機





外貨預金





仮想通貨





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース