本文へスキップ

大量保有報告書とは

大量保有報告書とは


大量保有報告書とは




原則5営業日以内

実質的に発行済株式数の5%を超えて株式を保有した場合、原則、取得した日から5営業日以内に内閣総理大臣(財務局)等に「大量保有報告書」等を提出する必要があります。また、その際は、証券取引所、または日本証券業協会、そして、株式の発行会社にも大量保有報告書のコピーを提出する必要があります。また、その後、さらに株式の買付けを行うか、売却を行うかをして、保有割合が1%以上変動した場合も、5営業日以内に変更報告書を提出する必要があります。

ただし、特例として、一定の条件を満たした証券会社などの機関投資家は、5営業日以内というのは緩和されます。




大量保有報告書の内容

大量保有報告書の内容は、大量保有した者の概要や保有目的、重要提案行為等、株式の取得資金などです。








※その他「企業の動き」に関する記事は以下。




企業の動き





制度




姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!





バナースペース