本文へスキップ

5%ルールとは

5%ルールとは




5%ルールとは

  • 5%ルール(ごぱーせんとるーる:5 percent rule)とは、正式名称「株式等の大量保有の状況に関する開示制度」という、市場の公平性・透明性、投資家保護の観点から、上場企業株式の保有が発行済株式数の5%を超えた場合、株式等の保有状況について届け出をする必要がある制度のことです。株式等の保有状況については、金融庁の「EDINET(エディネット:電子開示システム)」での開示が義務付けられています。

つまり、5%ルールは、発行済株式数の5%を超えて株式を保有する場合は、買付けた事実を公表しなければならない制度です。また、その後、さらに買付けを行うか、売却を行うかをして、保有割合が1%以上変動した場合は、その変更も届け出る必要があります。




原則5営業日以内

実質的に、発行済株式数の5%を超えて株式を保有した場合、原則、取得した日から5営業日以内に内閣総理大臣((財務局))等に「大量保有報告書」等を提出する必要があります。また、その後、さらに買付けを行うか、売却を行うかをして、保有割合が1%以上変動した場合も、5営業日以内に変更報告書を提出する必要があります。












※その他「企業の動き」に関する記事は以下。




企業の動き





制度




姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース