本文へスキップ

SPV(特別目的事業体)とは

SPV(特別目的事業体)とは




SPV(特別目的事業体)とは


SPVは、証券化の対象になる資産を法人本体から独立させるための組織で、「vehicle」とは「器」という意味ですので、法人と投資家への二重課税を回避するための器という位置づけになります。




オリジネータがSPVを設立する理由

  • オリジネータとは、裏付けとなる資産を持っていて、SPVに譲渡する者です。

オリジネータは、裏付けとなる資産をSPVに譲渡・分離することによって、倒産リスクが隔離されるため、SPVを設立します。加えて、社債債権者などは、金利などの収益を安定的に受け取れることになります。SPVは、資金調達だけを目的としますので、利益は課税されず、全てのオリジネータや投資家に利益還元する必要があります。

SPVのうち、法人格を有するものをSPC(特別目的会社)といいます。






関連記事









※その他「企業の動き」に関する記事は以下。




企業の動き





制度




姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース