本文へスキップ

CRB指数

CRB指数


CRB指数とは

  • CRB指数とは、米国や英国の商品先物取引所で取引されている国際商品先物指数のことです。原油アルミニウム大豆トウモロコシなどの世界各地で取引されているコモディティの総合的な値動きを示す指数で、正式には「トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数」といいます。1957年にアメリカのCRB社(Commodity Research Bureau)によって28品目の指数として開発され、その後、構成品目の入れ替えなどの修正が行われています。





CRB指数の特徴

CRB指数は、世界各地で取引されているコモディティを幅広く網羅した総合的な国際商品指数ですので、世界的な物価や景気の動向を示す代表的な指標として見られて、特にインフレの先行指標として注目されています。




CRB指数の見方

CRB指数は、1967年の平均を基準値=100として算出される指数です。
CRB指数が上昇すれば、コモディティの消費国である日本や欧州などの先進国にとってはマイナス要因、資源国である新興国等にとっては資金流入しやすくなりプラス要因、逆にCRB指数が下落すれば、消費国の日本や欧州などの先進国にとってはプラス要因、資源国である新興国などは資金流出しやすくなりますのでマイナス要因となりやすいです。





CRB指数の推移は、当サイトの姉妹サイトである「株式マーケットデータ」で確認できます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース