本文へスキップ

金(きん)とは

金(きん)とは


金(きん)とは

  • 金(きん:gold)とは、原子番号79、元素記号Auの銅族元素の一つです。金は古代から世界的に財宝として、現代では財産として蓄えられたり、通貨に代わる資産として評価されています。金は実物なので価格が下がっても価値がなくなることはありません。よって、金は政治や経済情勢など、国に信用不安が起きた場合などに人気が集まりやすくなる傾向があります。



産金とは

金鉱山から金を生産することを「産金」といいます。また、産金するためにかかる費用(採掘・製錬費用、事務処理費用、鉱山権利費用、資金調達費用、税金など)を「産金コスト」といいます。




産金国

金は以前、南アフリカで多く採掘されていましたが、現在世界一の産金国は中国となっています。年間400トン程度産金していて、年間2000トン程度輸入しているとされています(正確な数字は公表されていない)。よって、金は中国の景気によって需要が変わりやすくなる傾向があります。中国景気が減速すると需要が少なくなり金価格が下落しやすくなります。また、インドは婚礼用などで金を輸入することが 多いので、インドの景気にも左右される面があります。そして、欧州の国々などもクリスマス時期には需要が高まり、欧州の宝石メーカーはクリスマス商戦向けに、秋口から金を買う傾向があります。よって、これらの国々の景気や為替の動向によって、金の価格は変動しやすくなる傾向があります。




金の市場と価格

金は、現物を取引する市場と先物を取引する市場があります。現物の取引で中心となるのはロンドンの金市場。先物の取引で中心となるのは米国(ニューヨーク)市場です。現在は先物の取引の方が規模が大きいので、金価格を見る際は、COMEX(ニューヨーク商品先物取引所)Gold先物COMEXNY金)の価格を見るのが一般的です。



Gold先物COMEXの推移は、



の「為替・金・原油」のページで確認することができます。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース