本文へスキップ

金価格と産金コスト

金価格と産金コスト


金価格と産金コスト

産金コストは、一般的にGFMS(貴金属調査会社)のレポートを水準にすることが多く、価格は産金コストが下値のメドになると考えられてきました。金価格が産金コストを割り込んでしまえば、金を売るより金を生産するコストの方が高くなってしまうからです。しかし、実際には金価格が産金コストを割り込むことがあります。それはなぜでしょうか?




金価格が産金コストを割り込む理由

金価格が産金コストを割り込む理由としてあげられるのが、昔ほど「有事の際の金投資」の概念が薄れていることや、有事の際は基軸通貨である米ドルに資金が向かいやすくなったこと、金に投資する投資家が減少したこと、金のETFの台頭などがその理由と考えられています。




金価格が産金コストを割り込んだら?

金価格が産金コストを割り込むと、金を売るより金を生産するコストの方が高くなってしまうので、産金業者は生産を中止しなくてはなりませんので金の供給が減ります。その結果、金の希少性が増し、金価格の上昇要因となります。ただし、金価格が産金コストを割り込んでいたとしても、産金業者はすぐに生産を中止しません。一度鉱山から撤退してしまうと、また生産を再開する際に大きなコストがかかってしまうからです。ゆえに、生産はある程度続きやすいです。




金の市場と価格

金は、現物を取引する市場と先物を取引する市場があります。現物の取引で中心となるのはロンドンの金市場。先物の取引で中心となるのは米国(ニューヨーク)市場です。現在は先物の取引の方が規模が大きいので、金価格を見る際は、COMEX(ニューヨーク商品先物取引所)Gold先物COMEXの価格を見るのが一般的です。



Gold先物COMEXの推移は、



の「為替・金・原油」のページで確認することができます。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース