本文へスキップ

金の生産コスト

金の生産コスト


金の生産コストとは

  • 金鉱山からを生産することを「産金」といいます。また、産金するためにかかる費用(採掘・製錬費用、事務処理費用、鉱山権利費用、資金調達費用、税金など)を「産金コスト」といいます。



産金コストはいくら?

金鉱山で産金されている金は、その鉱山の状況や採掘方法によって産金コストは様々です。そのため、産金コストを正確にはかれませんが、一般的に産金コストの水準とされるのは、GFMS(貴金属調査会社)のレポートです。このレポートには、金生産コストの推移( ドル/トロイオンス)が記されていて、2012年での世界全体の産金コストは1.200ドル程度とされています。ただし、人件費や税金、採掘機械の値段が上がっているため産金コストは年々上昇傾向にあります。






金価格の推移は、当サイトの姉妹サイトである「株式マーケットデータ」で確認できます。




関連記事





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース