本文へスキップ

グレートモデレーションとは

グレートモデレーションとは


グレートモデレーションとは

  • グレートモデレーション(Great Moderation)とは、「大いなる安定」「超安定化」と呼ばれる、市場全体が安定した時期のことです。一般的に2000年代半ばから2008年のリーマンショックに至るまでの時期を指すことが多く、世界経済の緩やかな成長とインフレ率の低位安定が併存し、株式債券など資産価格の変動幅(ボラティリティ)が低下し、市場全体が安定した時期のことをいいます。当時のFRBの理事であったバーナンキ氏が2004年に「グレートモデレーション」というタイトルで講演を行ったことで有名となった言葉です。



リーマンショックへ

当時、FRBの理事だったバーナンキ氏が2年後にFRB議長に就任。その1年後にサブプライム問題が発展、リーマンショックが起こりました。このことから安定期は永遠には続かず、世界各国の中央銀行による緩和的金融政策と市場の安定は世界の投資マネーが運用リスクを取り過ぎる状況を促し、金融危機へとつながったため、「グレートモデレーション」はうぬぼれた表現と揶揄されることもあります。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース