本文へスキップ

岩戸景気(いわとけいき)とは

岩戸景気(いわとけいき)とは


岩戸景気とは

  • 岩戸景気(いわとけいき)とは、1958年7月から1961年12月の42カ月間の好景気の通称です。神武景気(じんむけいき)いざなぎ景気と並ぶ、第二次世界大戦後の高度経済成長時代の好景気の一つです。神武景気をしのぐ大型の好景気ということから、天の岩戸神話にちなんで「岩戸景気」と名付けられました。

    過剰なな投機熱による技術革新によって、一社の民間企業の設備投資が、別の会社の設備投資を招き「投資が投資を呼ぶ」という設備投資主導の景気拡大が起こりました。これと同時に皇太子 (今上天皇) の結婚式を期に白黒テレビが売れはじめ,三種の神器とされた「テレビ,冷蔵庫,洗濯機」が急速に普及し好況に。加えて、1960年12月に発表された所得倍増計画によって高度経済成長時代に入りました。




関連記事







※その他「経済の基礎知識」に関する記事は以下。




経済





債務・債権





プライム





年金





経済学





EU





金融街





通商





直接投資・間接投資・証券投資





法律





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース