本文へスキップ

GDPギャップとは

GDPギャップとは


GDPギャップとは

  • GDPギャップ(じーでぃーぴーぎゃっぷ)とは、人が買いたいと思うモノ・サービスの総量である「需要」と、労働力や生産設備などの「供給」の差のことです。GDPギャップは「需給ギャップ」とも呼ばれます。



GDPギャップの見方

供給は多いけど需要がない(少ない)状態というのは、モノ・サービスが売れない状態で、このGDPギャップは「不景気」を意味し、供給過剰はデフレ要因となるため、国による景気対策では、このGDPギャップを縮めることが課題とされます。一方、需要が供給を上回ってくれば物価が上向き、景気が回復していると判断でき、その状況を安定的に続けることが経済にとって望ましいとされています。

すなわち、GDPギャップがプラスであれば、モノ・サービスを売りたい人以上に買いたい人がいる状態で経済にとって望ましく、マイナスであればモノ・サービスが売れない状態で不景気を示します。





動画で解説ーYouTube−











姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース