本文へスキップ

トリフィンプラン(トリフィン案)とは

トリフィンプラン(トリフィン案)とは


トリフィンプラン(トリフィン案)とは

  • トリフィンプラン(triffin plan)とは、「トリフィン案」とも呼ばれる、1958年に経済学者のロバート・トリフィンが「金とドルの危機」の中で提唱した世界中央銀行創設案のことです。

これは、金為替本位制度以外に基軸通貨(金為替)をマネタリー・リザーブ(国際流動性)として保有する制度)のもとでは、流動性のジレンマ(トリフィンのジレンマ)が存在するため、流動性のジレンマから脱却するには、国家的な機関が必要である、としたものです。

このトリフィンプランは、ジョン・メイナード・ケインズが「超国家銀行案」で主張したものと似ており、SDR(特別引出権)の創設に影響したとされています。




関連記事








※その他「経済の基礎知識」に関する記事は以下。




経済





債務・債権





プライム





年金





経済学





EU





金融街





通商





直接投資・間接投資・証券投資





法律





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース