本文へスキップ

シェア経済とは

シェア経済とは


シェア経済とは

  • シェア経済とは、「シェアリングエコノミー」とも呼ばれる、主に個人間でモノやサービスをやり取り(有償で)することです。個人が自家用車でタクシーのように行きたい場所へ人を運んで対価を得たり、自宅の部屋を宿として貸す民泊(みんぱく)が代表例です。シェア経済は、2011年ごろから米国のシリコンバレーで普及し始めました。



シェア経済の特徴(レンタルとの違い)

シェア経済は、誰でもサービスの担い手になれるのが特徴で、上記の民泊などの他に、その時間だけ駐車場を借りたい人に駐車場を貸して対価を得たり、その時間だけ車を借りたい人に自家用車を貸して対価を得たり、店舗が休みの場合は、他の人に軒先を貸して小物や弁当を売っていいと貸し出すサービスなどもあります。

レンタルとの違いは、レンタルの場合は専門業者から使いたい人が借りることになりますが、シェア経済は、個人と個人の貸し借りが基本となります。そして、会社が貸し手と借り手の仲介する場を提供しているのが特徴です。実際には、例えば自家用車の貸し借りの場合であれば、車を持っている個人と車を使いたい個人が契約を交わし、会社に仲介の手数料を払う、といった仕組みとなっています。





シェア経済の台頭

シェア経済が台頭してきているのは、経済が低成長になって収入の伸びない時代になってきていることが要因として指摘されています。また、個人個人が持っているモノや能力をお互いに必要な時に使えれば効率的で出費を抑えられるといった発想が台頭してきた点や、スマホの普及によって借り手と貸し手が簡単に連絡が取れて出会えるようになったことも大きな要因とされてます。ただし、民泊の場合を例にすると、部屋が荒らされたり家具が壊されたりといったトラブルが起きており、法整備の必要性も指摘されています。








※その他「経済の基礎知識」に関する記事は以下。




経済





債務・債権





プライム





年金





経済学





EU





金融街





通商





直接投資・間接投資・証券投資





法律





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース