本文へスキップ

カスケード理論とは

カスケード理論とは






カスケード理論とは

  • カスケード理論(読み方:かすけーどりろん|英語:cascade theory)とは、情報が不十分である時、他者の行動が合理的だと考えて、それを模倣する行動が繰り返される現象を理論化したものです。



情報カスケード

カスケード理論は、もともとは社会心理学にあった知見が行動経済学に波及したものです。1990年代に社会心理学から行動経済学へと波及し、最初の人の行動を見て次の人が真似をして行動するという「情報カスケード」という概念を理論化したものです。

情報カスケードでは、最初の人が情報を持って行動したのかは不明ですが、それを2番目以降の人が真似をし(2番目以降の人は情報を持っていない)、それが連鎖的になると群衆行動につながるというものです。






わかりやすくカスケード理論を例にすると

例えば、あるレストランの情報を持った人が店の前に並んだとすると、そのレストランの情報を持っていない人々も次々に店の前に並ぶ、という現象がカスケード理論の例です。

金融市場におけるカスケード理論の例としては、ある合理的な情報を得た投資家がある銘柄を売ったとすると、その動きを見た投資家たちが次々に売りを繰り返す、といった現象がそれにあたります。買いの場合も同様で、ある合理的な情報を得た投資家がある銘柄を買ったとすると、その動きを見た投資家たちが次々に買いを繰り返すといった現象がそれにあたります。

その結果、その銘柄の価格形成がゆがみ、過剰に割安割高になる状況が生まれます。これは個別銘柄だけでなく、市場全体にも同様のことが言えます。









※その他「経済の基礎知識」に関する記事は以下。




経済





債務・債権





プライム





年金





経済学





EU





金融街





通商





直接投資・間接投資・証券投資





法律





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース