本文へスキップ

先導株比率(大商い10銘柄占有率)とは

先導株比率(大商い10銘柄占有率)とは


先導株比率とは

  • 先導株比率(せんどうかぶひりつ)とは、「大商い10銘柄占有率」とも呼ばれる、株式市場の総出来高のうち、上位10銘柄が占める割合のことです。

先導株比率は、株式市場の物色銘柄の集中度合いを測るための指標で、投資家の物色が集中して相場を先導する銘柄があれば高まり、物色の対象が分散していたり、相場を先導する銘柄がなければ低下します。

先導株比率は、通常15%から30%程度で推移し、30%を超えれば特定の銘柄(上位10銘柄)への物色が集中し過ぎていて相場が過熱していることを示します。逆に、15%以下の場合、物色の対象が分散し過ぎていて相場が低迷していることを示します。また、先導株比率が15〜30%から大きく乖離した場合は、その後、物色の流れが変化しやすいとされています。

先導株比率は、日々の過度な振幅をならすために、6日もしくは25日の平均を用いるのが一般的です。








その他「需給」に関する記事は以下。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース