本文へスキップ

第1四半期決算

第1四半期決算


第1四半期決算とは

  • 第1四半期決算(だいいちしはんきけっさん)とは、「第1クォーター決算」「第1Q決算」とも呼ばれる、事業年度の初めの3カ月の決算のことです。

企業は四半期ごと(3カ月ごと)に業績の途中経過を集計した決算を発表します。これを「四半期決算」といいます。日本企業の多くは3月末決算で、4月から翌年の3月までを1年度としており、四半期は1年度を4分割した期間ですので、1年度は4-6月・7-9月・10-12月・1-3月に区切られ、この期間ごとに決算が発表されます。4-6月(初めの3カ月)を「第1四半期決算」と言い、7-9月(次の3カ月までの半年間)を「第2四半期決算(中間決算)」、10-12月(次の3カ月までのの9カ月間)を「第3四半期決算」、1-3月(1年間)を「第4四半期決算(本決算)」と言います。

※当ページでは、決算日が3月末の企業を例に解説します。




四半期決算

第1四半期決算
4-6月期の決算
第2四半期決算
7-9月期の決算(「中間決算」ともいいます)
第3四半期決算
10-12月期の決算
第4四半期決算
1-3月期の決算(「本決算」と呼ばれることが多いです)



第1四半期決算の特徴

第1四半期決算は、市場の注目度が高い決算です。第1四半期決算では今期、実際に3カ月商売をしてみた結果の数字が出てきますので、1年を通じてどれぐらい利益を得ることができるのか予測するために注目を集めます。企業は基本的には決算を慎重に出してくる傾向がありますので、第1四半期決算の段階で業績を上方修正してこない傾向にありますが、この段階で業績を上方修正してくる企業は注目されやすいです。一般的に業績を上方修正するのは第2四半期決算(中間決算)の場合が多いので、第1四半期決算の段階で業績を上方修正をしてくる企業は、通年で業績が良い場合が多いです。ただ、この段階で業績の上方修正をしなくても、第1四半期決算は第2四半期決算(中間決算)の下地となる決算なので、とりわけ注目されやすいです。





関連記事





その他「会社四季報の読み方」に関する記事は以下。




会社四季報を読もう



項目別の見方





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース