本文へスキップ

商業用不動産ローン担保証券(CMBS)とは

商業用不動産ローン担保証券(CMBS)とは




商業用不動産ローン担保証券(CMBS)とは

  • 商業用不動産ローン担保証券(CMBS:Commercial Mortgage Backed Securities)とは、「商業用モーゲージ担保証券」とも呼ばれる、商業用不動産(オフィスビルやホテル、ショッピングモール、アパートなど)を担保にしたローンを証券化した金融商品です。商業用不動産のローンの債権を裏付けとして発行される証券のことです。



CMBSの仕組み

CMBSは、モーゲージ証券(MBS)アセットバック証券(ABS)と似ています。CMBSは、基本的には、金融機関が保有している商業用不動産を担保にしたローンを集め、それをリスクとリターンが異なるいくつかのトランシェに分け、トランシェごとに格付けされ、格付けごとに債券に組成して発行されます。現在、CMBSは引受けから販売まで投資銀行が主体となって行われています。




CMBSの大暴落

CMBSは、米国で1983年にニューヨークのオフィスビル3棟を担保として発行された債券が始まりとされています。CMBSが証券化の金融商品として認知されるようになると、多くの投資家が殺到し、1990年代になるとCMBS市場の規模は急拡大。年間発行額は、1990年の60億ドルから1998年には800億ドルまで拡大しました。しかし、1998年9月、ロシア危機による世界的な流動性パニックによって大暴落。大型のヘッジファンドLTCM」や米国の野村証券は巨額の損失を被りました。




CMBSのリスクとプレイヤー

CMBSは、商業用不動産の市況に左右されますし、金利動向にも左右される金融商品です。ゆえに、突然流動性が枯渇するリスクがあるため、主なCMBSの投資家はリスク分析が行える機関投資家となっています。









※「その他」に関する記事は以下。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース