本文へスキップ

閑散に売りなし

閑散に売りなし


閑散に売りなしとは

  • 閑散に売りなしとは、閑散相場の時に売りを出すのは間違い、という意味のアノマリーです。
  • 閑散相場とは、株価の低迷が続いて出来高が減少し、株価の動きがない相場のことです。閑散相場は、市場全体にコンセンサスがない時になりやすい相場です。先行きの見通しが立てられず、投資家が様子見している状態です。
  • アノマリーとは、根拠はないが比較的当たりやすい経験則のことです。


株価の低迷が続いて出来高が減少してくると、弱気になって保有株を売る投資家が増えますが、閑散相場の時はもうすでに売りが出尽くして閑散となっているのかもしれず、少しの買い材料で株価は大きく上昇する可能性があるので閑散相場の時に売りを出すのは間違い、としてこの格言が広く知ら れています(閑散相場が長く続けば続くほど、その後の振れ幅も大きくなりやすい傾向があります)。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース