本文へスキップ

夏枯れとは

夏枯れとは


夏枯れとは

  • 夏枯れとは、日本市場において、7月から8月の時期は株価が小幅に推移しやすいというアノマリーのことです。
  • アノマリーとは、根拠はないが比較的当たりやすい経験則のことです。



米国ではサマーラリー

日本市場は7月から8月の夏場の時期に相場が強くなることはあまりありません。基本的には弱含みしやすい傾向があります。一方、米国では7月のインデペンデンスデーから9月のレイバーデーまでは夏休み時期となり、7月は日本市場に反して株価が上がりやすい「サマーラリー」というアノマリーがあります。米国では過去、夏休み前に優良株を買いだめしておいて夏休み入りし、夏休み明けに株価が上がっていることがよくありました。米国ではこの名残りが現在も続いているため、サマーラリーは起こりやすいとされています。
日本株は外国人の保有比率が高いので、外国人投資家が夏休み入りするこの時期は、商いが増えず値動きが鈍くなりやすいことから夏枯れは起こりやすい傾向にあります。これらのことから、日本株は10月あたりまで弱含みすることが多いです。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース