本文へスキップ

七夕天井・天神底とは

節分天井・彼岸底とは


節分天井・彼岸底とは

  • 節分天井・彼岸底(せつぶんてんじょう・ひがんぞこ)とは、日本の株式市場において、新春からの強い相場は節分の時期まで続き、その後は彼岸の時期まで下落するというアノマリーのことです。
  • アノマリーとは、根拠はないが比較的当たりやすい経験則のことです。



節分天井・彼岸底は当たる?

節分天井・彼岸底は日本の株式市場では有名なアノマリーの一つですが、概ねこのアノマリーは当たることがありません。むしろ節分が底になることの方が多い傾向があります。というのも、このアノマリーはもともとお米の相場から来ているアノマリーです。お米の相場は「節分天井彼岸底」という言葉の通り、節分の時期に天井をつけ彼岸の時期に底を打っていたので、そのお米の相場が株式市場でもアノマリーとして伝わっているのです。

日本の主要銘柄の相場は、昨今12月に上昇する傾向が強くなったので、1月はその反動で下がりやすい傾向があります。1月は下がりやすい時期となるのが傾向で2月の節分の時期に天井をつけるのは難しいことが多いです。






関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース