本文へスキップ

内閣改造とは(組閣との違い)

内閣改造とは(組閣との違い)


内閣改造とは

  • 内閣改造(ないかくかいぞう)とは、首相が閣僚の一部、または全てを入れ替えることです。憲法68条の首相の閣僚任免権に基づいて行われ、同時に首相の所属政党の役員人事も行われることがあります。



内閣改造の目的

内閣改造は、閣僚を入れ替えることによって内閣支持率を上げようとする目的や、衆院や参院で閣僚経験はないが当選回数が多いものを入閣させることによって、首相の求心力を高めようとする目的があるとされています。ただし、初の入閣者は思わぬ不祥事が発覚する恐れもあるため起用しにくい面もあるとされています。一方で、当選回数が多いのに入閣できない議員が増えれば、首相への不満が高める恐れがあるとされています。





組閣との違い

組閣(そかく)は、衆院の解散・総選挙や内閣総辞職があった場合に、国会で指名された首相が新しい内閣をつくることで、内閣改造とは区別されています。









※その他「イベント」に関する記事は以下。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース