本文へスキップ

米国サービス業PMI(アメリカサービス業購買担当者景気指数)の解説・ISM非製造業景況指数との違い

米国サービス業PMI






米国サービス業PMIとは

米国サービス業PMI(読み方:べいこくさーびすぎょうぴーえむあい|英語:Markit United States Services Purchasing Managers Index)とは、「米国サービス業購買担当者景気指数」「アメリカサービス業購買担当者景気指数」とも呼ばれる、IHSマークイット(IHS Markit)が公表している米国のサービス部門の景況感(センチメント)を示す指標です(PMI)。サービス部門の民間企業約400社の購買担当者にアンケート調査し、そのアンケートの回答を以下の指標を加重平均して指数化しています(季節ごとに調整されます)。

  • 景気指数
  • 新規注文
  • 延滞
  • 産出物価格
  • 投入物価格
  • 雇用
  • 近い将来の景気の見通し



対象となるセクター

米国サービス業PMIの対象となるセクターは、消費者(小売り除く)、輸送、情報、通信、金融、保険、不動産、ビジネスサービスとなっています。




米国サービス業PMIの特徴

調査回答は各月の後半に収集され、前月と比較した変化を示します。基礎となる調査データは公開後に改訂されませんが、季節調整係数は、季節調整されたデータシリーズに影響を与える場合に随時改訂される場合があります。




米国サービス業PMIの見方

米国サービス業PMIは0から100の間で推移し、50を超えれば前月と比較して全体的な増加を示し(景況感が良好)、50未満は減少(景況感の悪化)を示しています。米国サービス業PMIが良ければ市場環境にとって良い材料で、通常なら米ドルに対してプラスとなり、ドル買い要因(ドル高要因)となりやすいです。 逆に悪ければドル売り要因(ドル安要因)となりやすいです。






ISM非製造業景況指数との違い

米国のサービス業の景況感を示す指標として米国サービス業PMIと似た指標に「ISM非製造業景況指数」がありますが、ISM非製造業景況指数は大企業を中心としたサーベイであるのに対し、米国サービス業PMIは、民間企業の情報しか含まれていない(中小企業も含まれる)という特徴があり、米国のサービス部門全体を反映しやすい指標としてとらえられています。




米国サービス業PMIの推移(チャート含む)

米国サービス業PMIの推移は、姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認することができます。ISM非製造業景況指数との比較チャートもありますので参照してください。










その他「経済指標」に関する記事は以下。




経済指標





GDP





収支





金利







雇用





賃金・所得





物価





景況感





その他





日本





米国





英国





世界





その他





姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース