本文へスキップ

フローティングレート・ローンとは

フローティングレート・ローンとは


フローティングレート・ローンとは

  • フローティングレート・ローンとは、シンジケート・ローンの中で信用格付けが低い企業向けのローンで、借り手側の信用格付けがBB以下で、債券発行時の金利LIBORよりも150ベーシスポイント(1bps=0.01%)以上高いローンのことです。 すなわち、すでに大きな債務を抱えるなど、すでに信用が低い貸出先への貸出のことです。財務状況の悪い企業への貸出ですので、企業側は借金が膨らむ懸念があります。フローティングレート・ローンは貸出す側(銀行)にとっては利益率の高いビジネスとなりますが、BIS規制(バーゼル合意・バーゼル規制)によって多くの銀行が避けるケースが多いです。 フローティングレート・ローンは「レバレッジド・ローン」「バンク・ローン」「ハイインカム・ローン」とも呼ばれています。





ハイイールド債・ジャンク債との違い

フローティングレート・ローンとハイイールド債ジャンク債との違いは、デフォルト(債務不履行)した時の弁済順位が高い、有担保である、変動金利である、財務制限条項が厳格である点に違いがあるため、ハイイールド債・ジャンク債よりもリスクは小さいと考えられています。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース