本文へスキップ

コンドラチェフ循環(コンドラチェフの波)とは

コンドラチェフ循環(コンドラチェフの波)とは


コンドラチェフ循環(コンドラチェフの波)とは

  • コンドラチェフ循環(kondratieff cycles)とは、「コンドラチェフの波」とも呼ばれる、約50年の周期の景気循環のことです。1925年にロシアの経済学者であるニコライ・ドミートリエヴィチ・コンドラチェフが論文で主張した循環で、景気循環は技術革新に起因するという考え方です。 西側の資本主義経済は、約50年(50年から60年)続く大きな大循環を示す傾向にあるとする考え方です。コンドラチェフは当時、1870年の恐慌に基づいて、1929年から1930年にかけての世界恐慌を予言したと主張しました。kぉのコンドラチェフのこの波動理論を支持する者もいますが、経済学者の間では議論が分かれています。



技術革新による景気循環

コンドラチェフは、第一波を「蒸気機関による産業革命」(1780-1840年代)、第二波を「鉄道の建設」(1840-1890年代)、第三波を「電気・化学・自動車の発達」(1890年代)とし、景気循環は技術革新に起因するとする考え方です。また、この循環は戦争に起因するとする説もあります。






その他の景気循環








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース