本文へスキップ

キチン循環(キチンの波)とは

キチン循環(キチンの波)とは


キチン循環(キチンの波)とは

  • キチン循環(kitchin cycles)とは、「キチンの波」とも呼ばれる、7〜10年の景気循環(ジュグラー循環)の中の約40カ月の周期の比較的小さい景気循環のことです。1923年に米国の経済学者ジョセフ・A・キチンが論文で主張した循環で、在庫投資の調整過程によって生じる景気循環のため、「在庫循環」と呼ばれることもあります。



在庫投資の調整過程の景気循環

企業は、景気後退の初期に需要が減っても過去の販売量をもとに生産するため、在庫が増加しやすい状態となります。その後、販売量が減り始めると、適正となる在庫の水準が下がるため、生産を減らして在庫を減らし始めます。その後、景気が回復しても、企業は過去の販売量をもとに生産するため、在庫が少ない状態がしばらく続きます。そして、景気回復とともに販売量が増加すれば適正となる在庫の水準が上がるため、生産を増やして在庫を増やし始めます。これが「キチン循環(チキンの波・在庫循環)」と呼ばれるもので、在庫は需要の変化より大きく変動して短期の景気循環をつくるとされています。この循環が約40カ月の周期で起こるとするのが「キチン循環(チキンの波・在庫循環)」の考え方です。





その他の景気循環








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース