本文へスキップ

株式投資の情報収集について

株式投資の情報収集について


株式投資の情報収集について

株式投資は、どの銘柄に投資すればいいかを判断するために情報を収集しなければなりません。そして「いつ買えばいいのか」、「いつ売ればいいのか」を判断するためにも情報収集が必要です。株式投資の情報は様々なメディアで収集することができます。当サイトもその一つですが、主な情報源として新聞やマネー雑誌、ラジオやテレビ、インターネットがあります。

情報収集は”速さ”

株式投資は昨今、インターネットの普及によって世界中の情報が瞬時に入手できるようになりました。それに伴い株式投資もネット取引が主流となり、一つの情報に対する投資家の反応、株価の反応も高速化されています。ゆえに投資家は情報を収集することはもちろんのこと、その速さも必要な状況となっています。
速さが必要な状況では、やはり紙媒体の新聞や雑誌よりもインターネットでの情報収集の方が有利となります。株式市場では情報の配信とともに株価が反応することが多いので、速い取引を目指すのであればPCやモバイル端末で出来るだけ速く情報が収集できる状態を整えておきたいところです。






株式投資の情報源

  • IR情報(企業のHPで公表)
  • 企業の決算情報(企業のHPで公表)
  • 新聞(日本経済新聞など)
  • 会社四季報、日経会社情報
  • ラジオ(インターネットラジオ「ラジオNIKKEI」など)
  • Podcast(投資に関するリリース作品)
  • テレビ(ニュースや市況)
  • マネー雑誌
  • 証券会社が提供している株価情報や投資講座
  • アナリストの分析レポート
  • 投資セミナー
  • 企業のツイッターやFacebookなどSNS
  • Yahoo!ファイナンス
  • 個人投資家のHP


株式投資の主な情報源は上記のようなメディアとなりますが、気を付けておかなければならないのは、上記のメディアの中で信用できるのは「企業が出している情報(「IR情報」と「企業の決算情報」)」だけということです。企業が出している情報以外は、憶測や煽りが含まれるとこがありますので鵜呑みにして投資判断しない方が賢明です。企業が出している情報以外は参考程度にとどめておくべきでしょう(企業も粉飾決算などする場合がありますので、完全に信用できるわけではありませんが)。投資は全て自己責任です。あらゆる情報を精査する力も必要になってくることは意識しておかなければなりません。


ただし、企業が出している情報だけでは近況のニュースや市況はわかりませんし、数ある銘柄の中から投資する銘柄を選択するのは困難です。そこで当サイトでは、ニュースや市況、銘柄の情報収集をする際に投資家が必読する「日本経済新聞」と、上場企業の基本情報や業績などをまとめたハンドブック「会社四季報」について、その読み方と各項目の見方を次ページから順次解説しますので、株式投資の情報を収集する際の参考にしてみてください。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース