本文へスキップ

45日ルールとは

45日ルールとは


45日ルールとは

  • 45日ルールとは、ファンド(投資信託)を解約する投資家は各四半期末の45日前に通告する必要がある、としたヘッジファンドのルールのことです。


通常、投資信託というのは公募形式なので、投資家は自由に解約できるものなのですが、ヘッジファンドの場合は違います。ヘッジファンドは50人未満の特定 の投資家から資金を集める私募形式のファンドですので、いつでも自由に解約できるものではないのです。50人未満から資金を募るファンドですので、1人、 2人でもファンドの解約の注文が出るだけでファンドにとっては大きな影響が出てしまうのです。よって、ヘッジファンドの多くはファンドを解約できるタイミ ングを決算期に限定しており、解約する投資家は各四半期末の45日前に通告する必要があるとしています。これを「45日ルール」と言います。




45日ルールの時期

45日ルールの時期は、ヘッジファンドの決算期の45日前にあたる2月15日、5月15日、8月15日、11月15日です。先行き不安がある時期や十分に利益が出ていて利益確定をしたい場合は、ファンドを解約したい投資家が増えて、この近辺の日に、ファンドの解約による換金売りが株式市場で出やすくなりますので注意が必要です。
ただし、近年はヘッジファンドの決算は11月にあまりなく、1月や12月の方が多いので影響は限定的になりやすい傾向があります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース