本文へスキップ

ドレッシング買い(お化粧買い)とは

ドレッシング買い(お化粧買い)とは


ドレッシング買い(お化粧買い)とは

  • ドレッシング買いとは、「お化粧買い」とも呼ばれ、決算期末や月末の権利落ち日、権利落ち日翌日の大引けにかけて実施される企業や投資信託、年金基金などによる株式などの買い注文のことです。



ドレッシング買いはなぜ行われる?

企業や投資信託、年金基金は、決算期の終値の価格でファンドの成績が評価されますので、そのファンドの評価をよく見せるために決算期末にかけて買い注文を入れて時価総額を上げようとします。自ら株式を買って株価を上げることによってファンドの決算成績をよく見せようとするのです。

ただし、実際にその買い注文によって株価が上がるのかは相場次第となります。また、実際にドレッシング買いがなくても、それを期待した投資家の買いが入ると相場が上がりやすくなることもありますので、ドレッシング買いのみによって相場が上がるとは一概には言えず、ドレッシング買いは必ず行われるというものでもありませんので注意が必要です。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース