本文へスキップ

空売り比率

空売り比率


空売り比率とは

  • 空売り比率とは、信用売残をその株の30日もしくは90日間の平均出来高で割った比率のことです。
  • 空売り比率(%)=信用売残(株数)/出来高)×100



空売り比率の見方

信用売残は、信用取引信用売り(空売り)をしたまま買戻し(反対売買)をしていない株数の残高です。信用売りをしたら、いずれ買戻すことが必要となりますので、空売り比率が高まってくると買戻しの期待が高まり、株価が上昇しやすい傾向があります。ただし、空売り比率が高い場合は、ヘッジファンドな どが積極的に売りを仕掛けていることが多く、売られ過ぎで株価が安いとしても買いを入れづらい状況ではあります。また、空売りは買い戻すまでの期間が比較的短いため、空売り比率が高い時は投資家が短期志向を強めていることを示し、同時に先安観が強いことも示します。

空売り比率は、通常20〜30%で推移します。20%割れで相場が天井圏になりやすく、30%以上になれば相場が底値圏になりやすいと見るのが一般的です。ただし、先安観が強い相場では空売り比率が高止まりすることがありますので注意が必要です。個別銘柄では、100%を超えることもありますが、空売り比率が100%を超える状況というのは信用売残が出来高を超えてしまっている状況ですので、そこで信用売残が頭打ちとなりやすく、株価が底値圏となりやすい傾向があります。




空売り比率の推移は、



で確認することができます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース