本文へスキップ

信用評価損益率とは

信用評価損益率とは


信用評価損益率とは

  • 信用評価損益率とは、信用取引買建てでどれだけ含み損益が出ているかを表した指標です。投資家は信用取引で買建てた場合、含み益が出ればすぐに利益確定して売ってしまいます。一方、含み損が出ればそのまま保有しておくことが多いので、信用評価損益率は通常マイナスで出る指標です。



信用評価損益率の見方

信用評価損益率とは、相場の天井圏や底値圏を計る指標として使われ、概ね0から-20%の間で推移します。水準ごとの一般的な見方は以下の通りです。

-3%から-3.5%
相場は天井圏
-10%から-15%まで下落
追証が発生し、大きく相場が下がりやすくなり底入れが近いことを示す
-15%から-20%
信用取引の買建ての投げ売りを消化し、大底となりやすいことを示す。

ただし、実際の相場の傾向としては、信用評価損益率が-16%以下になれば通常の投資スタイルは通用しなくなり、売りが優勢となり買いは基本的にNGと考えた方がいい傾向にあります。また、-20%以下になれば買い方は塩漬けが多くなり、資金がなく買いが入りづらくなるので注意が必要です。また、信用評価損益率は小型株や新興株と連動しやすい傾向にありますが、大型株と連動する傾向はあまりありません。




信用評価損益率の推移は、



で確認することができます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース