本文へスキップ

米国大統領選の概要と仕組み

米国大統領選の概要と仕組み


米国大統領選の概要と仕組み

  • 米国大統領選は4年に1度実施されます。原則として米国の民主党と共和党の二大政党が大統領選を争う候補者を決めます。
  • 投票日は11月の第1月曜日の次の火曜日(日曜日でないのはキリスト教の安息日が日曜日であるため。火曜日としたのは、投票所に行くために日曜日に出発しなければならない人も多いためと言われています)
  • 間接選挙(有権者は正副大統領候補に投票するが、形式上は「選挙人」による間接選挙です)。
  • 勝者総取り方式(州ごとに票を集計し、大半の州は1票でも多く得票した候補者が州の選挙人をすべて獲得できる方式です。メーン州とネブラスカ州は、選挙人の一部を各選挙区の勝者に割り当てることになっています)
  • 全米の選挙人538人の過半数270人以上を獲得した候補が当選
  • 各州の選挙人数は、人口に応じて配分されています。選挙人数が多い大票田州(人口が集中する都市部など、多数の得票を見込むことのできる地域・州)のうち両党の勢力が拮抗している激戦州で勝つことが大統領選を左右します
  • いずれの候補者も過半数を獲得できなかった場合、大統領は下院、副大統領は上院が投票で選ばれます





関連記事










姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース